英語 勉強法 大人 やり直し 時間

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

英語の勉強法、大人がやり直しするには時間管理が必要


english1

「思い立ったが吉日」じゃないですが英語の勉強も同じで
「よし英語をマスターするぞ」と決心するとテンションが上がります。

 

本屋に行くと英語関連の本は語学の中でも圧倒的に多くの本があるので、
いろいろ目移りしてしまい、数冊買い込んでしまうなんていう経験を
したような人も多いんじゃないでしょうか。

 

しかし・・その後・・多くの人が挫折を経験する結果になってしまい、
三日坊主どころか翌日になるとテンションが下がってしまう人もいますね。

 

 

英語の勉強は独学で毎日が基本

 

このサイトでは英語の勉強を始めるには独学からスタートすることを
勧めているので独学で勉強するための時間の考え方紹介したいと思います。

 

基本的に社会人とか大人で英語の勉強をやり直したいと思っている人が
読んでんくれていると思うので勉強に当てる時間は限られていたり、
時間があまりないと思いますが短時間でも毎日やる事の方が大切なので
時間の考え方は必要になると思います。

 

 

もちろん毎日何時間も独学で英語を勉強する時間がある人はいいですが、
それでもダラダラとやっても効果は期待できません。

 

とにかく毎日やるという事を基本に考えましょう。

 

 

意外と勉強する時間がたっぷりある人よりも、少しぐらい忙しい人の方が
習得率がいいという話も聞いたことがあります。

 

その人が英語を勉強したいと思う動機などにもよりますが時間がない人の方が
時間を有効に使っているのかもしれません。

 

 

英語の勉強は可能であれば自宅では早朝がオススメ

 

英語の勉強を毎日やるという事を習慣付けるという事はスキマ時間を
どのように有効に使うかという事がまず大切です。

 

まず一日の最初に勉強する時間帯ですが仕事などによっては難しい人も
いるかもしれませんが朝の時間を有効に使いたいですね。

 

もちろん時間が取れるような人は帰宅後も勉強をやってもらいたいですが、
夜は何かと自分の予定どうりに時間を取れない場合も多いと思います。

 

 

仕事が予定より遅くなってしまい帰宅が遅くなり食事とか、風呂とか・・
なかなか思うようにいかない場合があります。

 

なので自宅で勉強する時間帯を朝、早朝にしてみるといいと思います。

 

朝方の生活スタイルは別に英語の勉強に限らず集中すやすく効率的であることは
ビジネス書でもよく言われています。

 

朝トイレで30分ぐらい時間を使う人もいますが、確かに集中しやすいです。

 

 

例えば英単語を覚える

 

自宅以外の英語の勉強の時間の取り方は隙間時間ですが、
例えば単語を覚えたりするのは隙間時間を利用すると時間を有効に使えます。

 

5分10分でも時間があれば新しい単語をいくつか覚える事ができますし、
新しい単語でなくでも前日覚えた単語を覚えているかどうかチェックできます。

 

また隙間時間を使って覚えた英単語は、まとめて週末に覚えている単語を
チェックするというような方法もいいですね。

 

 

 

 

今回紹介したような英語を勉強するための時間の作り方は分かっているという人も
多いと思いますが書いてみました。

 

やはり一定期間集中して勉強する必要があるので時間の考え方は大切です。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

コラム   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る