中学英語 基礎

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

中学英語は英語の基礎です


C789_hokorigakabuttataipuraita-500

なぜ中学英語なのか・・・

 

英語を勉強したいと思っている人でしたら英語に関する情報は多いので

「まずは中学英語をマスターするといい」というのは多くの人が言っています。

 

僕も自分の経験上で長い間英語から離れていて思ったことは

英語を再びやり直したいと思う方は中学英語をまずオススメします。

 

 

僕は中学生に英語を教えたりすることもあるので教科書や問題集にも目を通しますが

文法的には中学英語が身に付けば日常的に困ることはないと思います。

 

もちろん自由に使えるレベルを身に付けた場合です。

 

 

中学英語をマスターすると

 

基本的に3年間の中学英語で習った英単語や文法を、もし自在に使いこなすことができたら

仕事でも使えるレベルになると思います。

 

もちろん仕事上で必要な単語は覚える必要はあります。

 

少し高度な英語になると高校英語の文法が必要になってきますが英語は積み重ねなので

中学英語をマスターしていれば高校英語はスムーズに覚えることができます。

 

 

それと英語アレルギーじゃないですが、目の前に英語があると戦意喪失してしまうんですね。

英文が訳の分からない記号の並びに見えてしまうんです。

 

そこの壁を乗り越えるには最初は苦労するとは思いますが一度基礎を勉強することは

英語習得の近道になると思います。

 

 

今は優れた教材もあるので自宅での学習が十分可能ですし基本的に最初は独学がいいです。

僕も勉強していきますし英語の勉強はエンドレスですし楽しくなってきました。

 

 

 

実際に中学英語ってどんな感じ

 

中学英語って実際どんな感じの英語だったか覚えてますか?

 

文法用語をいうと、例えば

未来現在過去現在分詞過去分詞現在進行形受動態現在完了関係代名詞・・・など

聞いたことはあると思います。少し頭が痛くなりましたか?

 

文法用語にするとメンドクサイですが実際に内容を把握すると文法用語も

すんなり頭に入ってきます。

 

 

コツコツ勉強していると自分が実際に勉強している内容と文法用語は自然とリンクしてきますので

無理に文法用語を覚えようとする必要はありません。

 

僕は多少ではありますが中学生に英語を教えていることもあるので覚えましたが、

自分が勉強するためでしたら何となくぐらいでも十分です。

 

勉強をやりだすと覚えたくなってしまう人もいると思いますが・・

 

 

例えば・・

「彼女は花子です。」

「彼女は花子ですか。」

「彼女は彼を好きです。」

「彼女は彼を好きですか。」

「彼女は彼を好きでした。」

「彼女は彼を好きでしたか。」

 

上記を瞬時に英語に直せますか。中学1年の初期の知識があれば簡単です。

 

「こんな簡単な問題」と思う方もいると思いますが長く遠ざかっている人は後半になってくると

瞬時に出てこないと思います。

 

 

大人になってから始める英語の勉強は勉強したいと思ってスタートするので嫌々勉強していた

学生時代よりも覚えやすいですし、中学英語は頭の片隅に多少は残っているはずなので

勉強していると記憶が蘇り、さらに勉強を続けていくと記憶が定着するようになります。

 

 

このサイトでは僕の勉強の意味でも大人のための英語の勉強法だけでなく英語に関するウンチクも

紹介していきますのでアナタの英語の勉強に役立てればと思います。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●中学英語   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る