英語 勉強法

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

中学英語を復習する


english1

 

中学英語を復習しようと思っても「どこから復習すればいいのか

ということですが個人差もあります。

 

まずは中学英語に関する文法書を一冊購入して復習することを

オススメします。

 

習得程度ですが僕のように中学生に教える必要がある場合は細かい所まで

復習する必要がありますが自分の自己啓発として中学英語の復習をするなら

概要を捉える程度で十分でしょうから時間をかけずにやりましょう。

 

 

ダラダラとやると途中で止める原因になります。

 

少しマニアック?というか自分の力量を試したい方は、ひととおり中学英語の復習が終わったら

中学英語の問題集を買って自分がどのぐらい復習ができているか問題を解いてみるのもいいと思います。

 

社会人になって英語の問題集をやってみたいと思う人も少ないでしょうけど。・・

 

 

このサイトでも中学英語の内容についても触れるので時々は参考にしてもらえれば

復習するためのモチベーションアップにもなるかと思います。

 

ある程度中学英語の文法が復習ができたと思ったら「話す」「聞く」「読む」「書く」の中で

自分が英語のどこを強化したいかという部分になります。

 

 

 

英語の四つの技能

 

特に英語に限りませんが外国語を勉強する場合

スピーキング(話す)」「リスニング(聞く)」

リーディング(読む)」「ライティング(書く)」の4技能があります。

 

 

「スピーキング」

 

日本人がリスニングと並び苦手にしている技能でありながら憧れるスキルでもあります。

英語をペラペラにしゃべりたいという事ですね。

 

一時期ですが習い事のように「英会話」に通う人がいましたが

基礎が出来ていない状況で行っても身に付かず止めてしまった人が殆どだと思います。

 

習い事の感覚で英語をマスターするのは無理なんですね。英会話の前に英語です。

 

 

「リスニング」

 

これもよく「英語が早くて聞き取れない」」という事を言う人がいますが、

それ以前に基礎が出来ていなくてボキャブラリーもなければ聞き取れるはずはありません。

 

優れた教材もあるので紹介もしていきたいと思いますが、

基本的にコツコツ続けることが出来ない人は無理です。

 

 

「リーディング」

 

中学英語程度の文法の復習ができたらリーディンを中心に勉強するのがいいと思います。

そしてリーディングの際に音読する事が重要です。

 

また簡単な英文で書かれた内容の本や、物語の内容が分かっている本を

読むようにするといいと思います。

 

 

「ライティング」

 

ライティングに関してはビジネスで使う人はそれなりに取り組む必要がありますが、

最初は例えば簡単な日記を書いてみるとかで十分だと思います。

 

 

 

まとめ

 

基本的に英語の勉強は「スピーキング」「リスニング」「リーディング」「ライティング」を

平行してできますが中学程度の文法を理解していると遠回りのようですが

結果的に英語の力が付いていくと思います。

 

中学英語の復習ができた段階で取り組んでみましょう。

 

このサイトで紹介している【七田式】は英会話の教材ですが、

ボキャブラリーの増やし方なども含め英語学習を学ぶ事ができます。

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●中学英語   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る