英単語 覚え方

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

英単語の覚え方


辞書

 

英単語の覚え方は人それぞれですが、
多くの英語学習者を悩ませている分野でもあります。

 

英単語を多く覚える事は当たり前ですが英語を勉強する上で

欠かせません。

 

昔は単語帳を作って覚えてみたり、ノートに書きまくってみたり
気合と根性で覚えるというような英単語の覚え方をした人が

多いと思います。

 

 

以前に何かの本で読んだ作家の人だったと思いますが
その人の英単語の覚え方は相当ワイルドで辞書で単語を覚えた後に
「そのページを食べた?」みたいな事が書いたあった記憶があります。

 

これは極端な例だと思いますが、英単語の覚え方というのは
いつの時代でも基本はやはり気合と根性は必要かなと思っています。

 

 

今はアプリなど様々な方法があると思いますが
やはり最終的には頭に記憶させないといけないので気合や根性は
必要かなと思います。

 

気合や根性と言うと少々古臭い感じもしますが、要するに楽して覚えれませんし

スマートに効率のいい覚え方でも努力は必要ということです。

 

 

英単語の覚え方1 音読

 

これは指導している中学生にも言っていますが英単語を覚える時に
必ず音読することです。

 

意外とやっているようで、やっていない人が多いと思います。
読めない英単語は記憶できません。

 

基本はスペルと発音を覚える事を平行して勉強しますが
英語を書くことは殆どなく英会話を重視したい人は
スペルは視覚でイメージのように何と無く覚えるようにして
ひたすら音読をするという勉強法でもいいと思います。

 

 

 

英単語の覚え方2 例文とセットで

 

名詞に関しては、ひたすら覚えるという勉強法もいいと思いますが
英単語は単体で覚えても実際に使えるようにはならないです。

 

音読して例文と一緒に覚える勉強法の方が記憶に残りますし
文章を音読することで英語の筋肉が鍛えられます。

 

 

 

英単語の覚え方3 反対の意味を同時に覚える

 

効率よく英単語を覚えるなら反対の意味を表す単語を同時に覚えるのも
頭に定着しやすいです。

 

例えば形容詞は大きく分けると「いいイメージ」「悪いイメージ」の
2つに分けられ、反対語にするのに接頭語を付ける場合は、un, um, in, im,
などがあります。

 

possible    ←→   impossible

〔可能な〕      〔不可能な〕

 

expensive   ←→   inexpensive
〔高価な〕         〔安価な〕

 

   lucky       ←→   unlucky
〔運がいい〕      〔運が悪い〕

 

believable     ←→    unbelievable
〔信じられる〕   〔信じられない〕

 

good          ←→     bad
〔よい〕      〔悪い〕

 

 

 

英単語の覚え方4 基本動詞の使い方を覚える

 

動詞は英語の基本になる品詞ですが基本動詞の使い方を覚えると
少ない動詞で言いたい事の殆どは言えると思います。

 

例えば take という動詞がありますが

 

take a picture (写真を撮る)
take a temperature (熱を計る)
take A to B (AをBに連れて行く)
It takes three hours. (3時間かかる)
take a bus (バスを利用する)

 

このように1つの動詞でいろいろな表現が可能なので
特に英会話の場合は便利です。

 

 

 

英単語の覚え方のまとめ

英単語の覚え方も紹介したように効率的な覚え方がありますし
これら以外にもあります。

 

大人になって勉強する場合は自分に必要な単語、興味のある単語などを
重点的に覚えていくといいと思います。

 

英単語の覚え方も人によって向いている勉強方法も違いますが

覚えれば覚えるほど脳は刺激され記憶力がアップしていくと思います。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●英単語   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る