look see watch 違い

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

look see watch の違い


1103

 

look see watch は英語、英会話では頻出する動詞ですが
大きく考えると「見る」という意味になりますが
違いが分かりにくいです。

 

使い分けるができるようになって英語力を伸ばしましょう。

 

 

see は無意識に視界に入る

 

see は視覚的に「見る」という動作に使う最も一般的な動詞です。

 

see のイメージは何かを見ようと特に意識しなくても
視界に自然と入ってくる感じで意図的に視界に入らない場合に使います。

 

 

Did you see my dog ?
(私の犬を見た。)

 

I saw your father at that shop.
(あなたのお父さんをあの店で見ました。)

 

I saw this movie at that theater.
(この映画をあの映画館で見ました。)  *映画館なので視線に入って来る

 

 

 

look は意識的に目を向ける

 

look は意識して目を向けるというイメージです。
「見る」という行為そのものよりも「対象に視線を向ける」という
動作に重点が置かれています。

 

そのため look at というように at という一点に焦点を当てる
前置詞が付きます。

 

look を単体で使う場合は「見る」でなく「見える」という意味で使います。

 

 

I looked at the sky.
(空を見上げた。) * at を置き「見る」という動作にスポットを当てています。

 

He looks happy.
(彼は幸せそうです。) * 幸せそうに「見える」

 

He looks like Kimutaku.
(彼はキムタクに似ている。) * キムタクのように「見える」

 

 

look + 形容詞  look + like + 名詞
の形で「~に見える」という意味になります。

 

 

 

watch は意識的に動いている物を見る

 

watch は意識的に何かを「見る」という点では look に似ていますが
look との違いは look が at を付けて、そちらに視線を向けるという
動作に焦点が置かれるのに対し、watch は一定時間「見る」という
動作に焦点が当てられます。

 

 

I watched the comedy show on TV last night.
(昨夜、お笑い番組をテレビで見ました。)

 

I watched the baseball game on TV yesterday.
(昨日、テレビで野球を見ました。)

 

 

 

look see watch の違いまとめ

 

日本語で「見る」という意味を表す該当する代表的な動詞になりますが
look see watch の違いは感覚で覚えることも大事だと思います。

 

また使い方もいろいろですが各動詞の基本的なイメージを覚えて
例文などで look see  watch の違いを身に付けることが可能になり
感覚的に使えるようになります。

 

あまり細かく「この場合はなぜ see なのか? look ではないの?」
というように考えてしまっても使えないので例文などで感覚で覚えましょう。

 

look see watch の違いはネイティブに聞いても分からないケースもあるので
あまり細かく考え過ぎない方がいいです。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●英単語   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る