助動詞 must

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

助動詞 must


yjimage

 

助動詞の must は中学の英語では「~しなければいけない」という意味で
勉強したと記憶があると思います。

 

 

義務を表す

 

「~しなければいけない」という意味の助動詞 must の使い方です。

 

We must study English.
(私たちは英語を勉強しなければなりません。)

 

You mustn't (must not) drive so fast there.

(そこで、そんなにスピードを出して運転してはいけません。)

 

 

確信を表す

 

「~にちがいない」という意味の助動詞 must の使い方です。

 

He must be busy.
(彼は忙しいに違いない。)

 

You must be kidding (joking) .
(冗談でしょう。 → あなたは冗談を言っているに違いない。 )

 

 

推量を表す

 

「~でしょう」「~だろう」という意味の助動詞 must の使い方です。

 

You must be hungry.
(お腹が空いているでしょう。)

 

Something must be wrong with this car.

(この車はどこか故障しているんでしょう。)

 

 

勧誘を表す

 

「ぜひ~してください」という意味の助動詞 must の使い方です。

 

You must visit us when you come to Tokyo.
(東京に来た時は、ぜひ私たちを訪ねて下さい。)

 

 

must と have to

 

must は have to (主語が三人称単数の場合は has to ) と
言い換えが可能というのは中学英語の基本中の基本として勉強しました。

 

You have to clean your room.
(あなたは部屋を掃除しなければいけない。)

 

He has to find another job.
(彼は別の仕事を探さなければいけない。)

 

Do we have to go there ?
(私たちは、そこへ行かなければいけませんか。)

 

 

must と have to の違い

 

両方とも同じような意味の使い方をしますが少々ニュアンスが違います。

 

must は個人的に「そうしなければいけない」という気持ちを伝える場合に、
have to は周囲の状況などから客観的に「そうしなければいけない」という
気持ちを伝える場合に使います。

 

しかし実際には英会話などでは気にしないで使ってもいいと思います。

 

 

否定文での使い方は少々注意が必要

 

must の否定文は「~する必要はない」という不必要という意味
have to の否定文は「~してはいけない」という禁止という意味

 

You mustn't go there.
(あなたは、そこへ行ってはいけない。)

 

You don't have to go there.
(あなたは、そこへ行かなくてもいい。)

 

 

must と gotta

 

gotta (読み方は"ガラ")は中学の英語の教科書では使われていませんが
英会話ではネイティブは良く使う言い方で意味は must と同じです。

 

He must be busy. = He gotta be busy.
(彼は忙しいに違いない。)

 

You must be be kidding . = You gotta be kidding.
(彼は忙しいに違いない。)

 

I must go. = I gotta go.
(そろそろ行かなくちゃいけない。)

 

 

映画を見ていても非常に使われていてるので機会があれば
注意して見てみて下さい。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●英語の品詞 助動詞   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る