英語 勉強法

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

一般動詞とは 現在形からやり直し


 

英語の動詞には2種類あって、be動詞( am , is , are )と一般動詞しかないです。
なので一般動詞はbe動詞以外の全ての動詞になります。

 

その一般動詞の基本の現在形を一度整理してみましょう。

 

 

be動詞と一般動詞の比較

 

be動詞というのは現在形の( am , is , are )が基本で、その過去形が(was , were)、
過去分詞が(been)の形だけで( am , is , are , was , were )は
それぞれ一人称、二人称、三人称、さらに単数、複数で変化しますが
一般動詞は基本的に変化しません。

 

 

一般動詞の場合はbe動詞と違い、主語が3人称単数(I、You以外)の時で
時制が現在形で肯定文の場合に動詞の後ろに S または es が付く形になります。

 

これが一般動詞の基本で have ⇒ has のように S や es が付く代わりに
形が変化する動詞があります。

 

 

一般動詞の主語が3人称単数(I、You以外)で現在形の肯定文の時だけ

特別に変化すると覚えて下さい。

 

中学英語の時に勉強した「3・単・現」ですね。

 

 

一般動詞の現在形に S や es を付けるルールと不規則変化

 

①単語の終わりが s、sh、ch、x、o の場合 es をつける

teach ⇒ teaches  go ⇒ goes

 

子音+yで終わっている場合 y を i にかえて es をつける

study ⇒ studies

 

③その他多くの一般動詞は s をつけるだけ

play ⇒ plays

 

④不規則変化

have ⇒ has

 

 

一般動詞の現在形の肯定文と否定文と疑問文(主語が3人称単数)

 

肯定文 He plays tennis.

主語が3人称単数の時は play という動詞に s 付きます。

 

 

否定文 He doesn't(dose not) play tennis.

主語が3人称単数の時は play という動詞に s を付けないで
動詞の前に dose not (短縮形は doesn't ) 付けます。

 

 

疑問文 Dose he play tennis ?

主語が3人称単数の時は文頭に Dose を付けます。
play という動詞に s を付けません。

 

 

3人称単数の場合であっても否定文、疑問文は does ・ Dose を付ける代わりに
動詞には S は付けません。

 

 

一般動詞の現在形の肯定文と否定文と疑問文(主語が3人称単数以外)

 

肯定文 I play tennis.

否定文 I don't (do not) play tennis.

疑問文 Do you play tennis ?

 

主語が3人称単数以外の一般動詞の現在形の肯定文は s が付かないで

否定文と疑問文はdoes ・ Dose の代わりに do ・ Do を付けます。

 

 

一般動詞の現在形

 

一般動詞の現在形の基本について解説させて頂きましたが
途中でも書いているように、特別に S や es が付く3人称単数を
理解することがポイントです。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●英語の品詞 動詞   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る