英語 句 節

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

英語の句と節


yjimageX2B9ZDDQ

 

英語の文はいろいろな単語が組み合わされて構成されていますが
ここでは英語の句と節について勉強しましょう。

 

句とか節というと何だか難しそうに感じてしまう人もいると思いますが

 

とは「主語動詞」の形になっていない
とは「主語動詞」の形になっている

 

これだけの違いです。

 

 

もう少し言うと全体で1つの意味を持った語のかたまりを文の中に入れて
そのかたまりが「主語+動詞」の形になっているか、いないかの違いです。

 

 

英語の句と節

 

① I bought a book at that shop.
(私はあの店で本を買った。)

 

② I bought a book when I was with him.
(私は彼といた時に本を買いました。)

 

 

①の英語では at that shop が1つがセットで1つのフレーズになっていますが
主語動詞」の形になっていないので英語ではと言います。

 

②の英語は when I was with him がセットで1つのフレーズになっていますが
主語動詞」の形になっているため英語ではと言います。

 

 

あまり細かく理解する必要はないですが「句、節」の感覚が身に付くと
英語の文を読んだり、英会話をする場合にも単語多く使っても
整理してして読んだり話たりできます。

 

 

上の例文を見ると「句や節」という考え方がなく1語1語区切ると理解に時間がかかります。

 

I bought a book ・at・that・shop.
I bought a book ・when・I・was・with・him.

 

この程度の文章なら、まだ分かりやすいですが長文を読んだりする場合には
「句や節」の感覚がないと理解しにくいです。

 


例えば
The boy who was playing tennis with his friends in the park yesterday is my brother.
(昨日公園で友達とテニスをしていた男の子は私の弟です。) という英語があるとします。

 

 

 


この場合、英語の文法構造や「句、節」という考え方に慣れてくると英語がこのように見えます。

 

The boy who was playing tennis with his friends in the park yesterday is my brother.

 

who から yesterday までが節になっていて「昨日、公園で友達とテニスをしていた」が

1つのかたまりとして考え何を言いたいのかパッと分かるようになるのです。

 

長い英語でも、このように考えるえることが可能になり読んだり会話が楽になります。

 

 

 


逆に英語の文法構造や「句、節」という考え方に慣れていないと

 

The boy /who /was /playing /tennis /with /his /friends /in /the /park /yesterday /is /my /brother.

 

人によって区切る箇所は違いますが「句、節」の区切りがバラバラになると

読んでも分かりにくいし、会話もできません。

 


使える英語を目指す場合は「句、節」という考え方が役にたちます。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●英語の構文   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る