There is There are 構文

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

There is ・ There are の構文


abc

 

There is ・ There are の構文は「~がある」というのが
基本的な意味ですが英会話でもよく使われています。

 

 

 

There is ・ There are の構文の形

 

There + be動詞 + 名詞

 

There is a book on the table.  名詞が単数形の場合は be動詞が is
There are books on the table.   名詞が複数形の場合は be動詞が are

 

There is の短縮形   ⇒ (There's)
There are の短縮形 ⇒ (There're)

 

 

 

 

There is (are) の構文の意味を理解しましょう

 

「There is (are) +名詞」は相手がその名詞の存在を知らない初めて話題に上った物

指す時に使う構文です。

 

 

まずは次の二つの英語を比較してみましょう。

 

① There is a book on the table.    ○
② There is the book on the table. ×

 

(机の上に本があります。)という意味ですが①は正解で②は不正解です。

 

二つの英語の違いは a bookthe book ですね。

 

 

a と the の違いや使い方については、また別に解説しますが
a は初めて話題に登場した物を指し、 the は既に話題になっている特定の物を指す場合に

使うというように中学の英語で勉強したと思います。

 

There is の構文は「~があるという」という表現ですが

~ にあたる部分は初めて話題になる物が入ります。

 

 

 

この英語はどうでしょう。

 

The book is there  [on the table].
(その本はそこに [机の上に] あります。)

 

この場合は主語が a book ではなくて The book なので
話し手と聞き手の間で既に話題になっている本なのですね。

 

そして there の元々の意味が「そこに」という場所を示す副詞なので
場所を示す使い方をしています。

 

 

次にもう一度この英語はどうでしょう

 

There is a book on the table.
(本がテーブルの上にあります。)

 

There を文頭に持ってくると「机の上に何かがあるよ・・本だ」
というような感じの表現になります。

 

 

The book is there  [on the table]. は
話し手と聞き手が「本」の事は知っていて「場所」に焦点を当てています。

 

There is a book on the table. の方は
話し手と聞き手が「場所」の事は知っていて「物」に焦点を当てています。

 

 

 

日本語で「~がある」という同じ言い方でも微妙なニュアンスの違いを
伝えることが可能になります。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●英語の構文   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る