英語 勉強法

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

homeとhouseの違いや使い分け


4135618341_1efa5977b8

homeとhouseは両方とも日本語にすると

「家」と訳す事が多いので混乱しやすくなる単語です。

 

 

2つの違いや使い分けが分かりにくい単語だと思いますが

homeがより深い意味になるので知識というよりも、

より感覚的な理解が必要です。


2つの基本的な意味の違いですが

 

home  ⇒ 家庭
house ⇒ 家

 

これをまずイメージしましょう。

 

 

homeは家+住む人も背景にあり、houseは単なる物質的な建物という感じです。

 

 


もう少しイメージすると

 

home ⇒ 暖かい家庭、我が家、故郷、発祥地、生活の中心
(気持ちが入り込む感じなので暖かさやを感じます)

 

house ⇒ 建物、一戸建て、マンションやアパートの一室
(単なる建物自体を示すので分かりやすいと思います)

 

 

なのでhomeは名詞で使っても、どこかに温かさを感じます。(このイメージが大事)

 

例えば老人ホームも老人ハウスとは普通は言いません。

 

「こちらは老人ホームです。」

This is a home for the aged. 建物の中にいる老人もイメージできる。

 

日本語としては同じような訳になりますが

This is a house for the aged. これだと単に建物として紹介している感じがします。

 

 

 

また文法的にはhouseは名詞として使われるの対して
homeは名詞だけでなく副詞として使われる事が多いので、その場合は前置詞は使いません。

 

○ go home  ⇒ × go to home
○ come home ⇒ × come to home

 

 

 

homeの使い方でもう一つ・・

「ただいま!」は英語で I'm home! と言いますが  I'm house! とは言いません。
ここに違いのポイントが要約されていると思います。

 

「ただいま!」という言葉の中には単に家という建物に帰るのではなく、
家庭という温かい場所に帰るという事をイメージすると感覚的に分かってくると思います。

 

 

特に home という単語はイメージをしながら覚えてみましょう。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●間違えやすい英語   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る