meet see 違い 使い分け

英語 勉強法!社会人が効果的に学習するには

photo credit: Today I Sing The Blues 5 via photopin (license)
毎日コツコツ派も、短期間集中派もいつでもどこでも1人英語レッスン!
by RECRUIT(リクルート)

meetとseeの違いや使い分け


5998133376_886ae8ffeb_n

meetとseeの違いですが基本的な違いは
「初対面」か「面識がある」かという違いです。

 

それぞれ日本語にする場合に例えばseeという単語は

「見る」「会う」の他にも「分かる」・・などの意味もあります。

 

今回は「見る」「会う」という考え方で簡単にまとめてみました。

 

 


初対面の人と会う場合 ⇒ meet
一度でも会った事のある人と会う場合 ⇒ see

 

これをまず基本として覚えましょう。

 
なので
Nice to meet you. 初めて会った人同士が交わす場合に使います。
Nice to see you.  一度は面識があり二度目以降に会う場合に使います。

 

なので同じような意味で長い間会ってなかった人に対して「久しぶり」という場合
Long time no meet. ではなく Long time no see.と言います。

 

 

 

 


もう一つの考え方として
meet ⇒ 面と向かう、双方が特定の場所で会う
see ⇒ 目で察知する、見かける

 
meetやseeはいろいろな意味がありますが「会う」という意味で考えると
文脈から判断する必要もあります。

 

例えば
I saw Tom at that coffee shop yesterday. の意味を考えると

 

「私は昨日トムとあのコーヒーショップで会った。」
「私は昨日トムをコーヒーショップで見かけた。」

どちらの意味も考えられます。

 

 

 

いろいろな意味や使い方を一度に覚えると混乱してしまうと思うので、
ここではmeetとseeの基本的な意味を覚えておいて下さい。

 

 

 

ロングセラーの英語教材

    ▼ ▼ ▼

「七田式」英語学習法【7+English】

 

●間違えやすい英語   

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る